やはり走るように書きたい。
by shuzot16
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 04月
2014年 02月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ちょー気持ちいい!!
from 御座候
40のおっさんでも楽勝す..
from 擬似連
ベリーストッキング!!!!!
from タカ
ジャンケンぽい!
from ビーム
ちょおぉぉぉぉwwww
from 聖なる毛
今JFAのみんなとココで..
from 麻衣子
JKのぶっ飛び体験記
from JK
いやはや、本当に俺は素晴..
from ネ申
フェ○○オしたーーーい!!
from MIー子
ゆるりとオナるがよい。
from 野武士
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2013年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ブラームスのドイツ・レクイエム・コンサート

コンサートの2日前、これで最後という練習中に指揮者の飯森範親氏
が抱えている石が突如動き出し救急車で運ばれた。
激痛をこらえながらも17日の本番には戻ってくると言い残して・・・。

はたして昨日のコンサートでは力強いタクトで満席の聴衆を魅了した。
2年半の練習に危機意識が重なり180人の合唱団はひとつになった。
難しいと言われるドイツ・レクイエムを見事歌い切ることができた。

弥生が23年間精魂を傾けて運営してきたサウンドブリッジ合唱団。
今回のみなとみらいホールでのコンサートを成功に導いたのは、
舞台での椅子運びから入口でのプログラム渡しなど、
子どもや孫たち7人のバックアップが大きな力になったと思う。

今月70歳になり家族が古希の祝いをすると言っているが、
これ以上の前祝いはなかったであろう。
はらはらしながらも我が家上げての一大事業が無事完了して
ほっと胸をなでおろしている今日この日である。
[PR]
by shuzot16 | 2013-03-18 19:38

春風に誘われて16人の城ヶ島

河津桜を観る先発隊から電車に携帯が入った。
彼らは三浦海岸駅からすでに歩き始めているが、
参加者が増えて16人になるぞというれしい知らせだった。
終着の三崎口へ向かう車窓からも見事に咲き誇る河津桜を
眺めることができた。

城ヶ島へ向かう道中、さすがに野菜産地の三浦半島だけに
大根や芽キャベツが並ぶ小さな直売所につかまってしまった。
のどかな春の陽につつまれのんびり歩くともう城ヶ島大橋だ。
橋の上からはるかに富士山がかすんで見えた。

あらたにミシュランの二つ星に選ばれた城ヶ島。
先月の予定はみぞれで流れてしまったが二歩会の50回記念だ。
まず島の東側の芝生がつづく城ヶ島公園を巡った。
展望台からは眼下に安房崎灯台、その先に剣崎灯台が望める。

洗濯板のような岩が連なる南岸に下りた半数の兵どもを横目に、
丘の上に残った弱者たちも西の端の城ヶ島灯台を目指した。
約束の2時ぴったりに全員が宴会場の店の前に到着した。
毎朝地元の漁師の漁船に乗り込んで
地の魚を取り揃えるという店主の触れ込みはいかに・・・?

ジャン卓みたいに行儀よく座った4つのテーブルにさざえの壷焼き。
そしてふっくらとした厚みのあるすずきの塩焼き。
各人に刺身のお造り、ここには相模湾の生しらすとしらすの釜揚げ。
鮪は当然のこととして鮑もついている。
ホンマに朝どれかいなという疑問はつくがまさに磯の香り十分。

テーブルにそびえる一升瓶を惜しみつつ定刻のバスに飛乗ってら
ようやく狭い城ヶ島の地形が理解出来た。
東の磯に安房崎灯台、西の丘の上に城ヶ島灯台、そしてわれわれは
島の四分の三を歩いて、残りをバスに乗ったというわけだ。

3月12日:井桁・石川・稲田・大森・岡部・桂子・大野・窪田・
幸福・小林・高木・田辺・藤村・三澤・宮崎・田中(文責)
[PR]
by shuzot16 | 2013-03-13 15:00