やはり走るように書きたい。
by shuzot16
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 04月
2014年 02月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ちょー気持ちいい!!
from 御座候
40のおっさんでも楽勝す..
from 擬似連
ベリーストッキング!!!!!
from タカ
ジャンケンぽい!
from ビーム
ちょおぉぉぉぉwwww
from 聖なる毛
今JFAのみんなとココで..
from 麻衣子
JKのぶっ飛び体験記
from JK
いやはや、本当に俺は素晴..
from ネ申
フェ○○オしたーーーい!!
from MIー子
ゆるりとオナるがよい。
from 野武士
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2012年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

膝の不思議なメカニズム

先週はショッキングなことがあった。
毎週通っている整骨院の大庭先生に、手術した左脚の太腿の筋肉が
細くなっていると言われてしまった。
今月はすでに200k走って歩いている。
しかも左脚は右脚より2倍くらいウエイトレーニングをいているのに。
大庭先生いわく、左膝をかばっているので左脚が使われていない。
だから左膝にサポーターをして左脚をもっと使え、
ランニングよりプールでのウォーキングを優先せよ、とのこと。

まじめにアドバイスを実行して接骨院に出向いたら今日はほめられた。
左脚の太腿はわずかであるが太くなっている。
その結果左くるぶしの張りがなくなっている。
しかも背中の張りが出てきているがそれは腰を使っているからだと・・・。
今日は春風のようにいい方に回転していて気分よくした。
人間なんてちょっとしたきっかけで良くも悪くもなるもんだと、
しみじみと感じた一日であった。
[PR]
by shuzot16 | 2012-03-30 21:21

神奈川の西端、湯河原・真鶴は頼朝旗上げの地。

3月19日10時湯河原駅に集合した七人衆は、
1180年頼朝軍が石橋山合戦で惨敗して逃げまどったであろう道を、
とぼとぼと最初の目的地城山に向かって行軍した。
標高563mとはいえ相模湾に雪崩落ちるような急峻の城山。
山頂すぐ近くの土肥城址にたどり着いた時はすでに12時を回っていた。
眼下にはこれから行くつもりの真鶴半島が見渡せたが、
約束に間に合わないと慌ててタクシーを呼出し真鶴駅へ向かった。
ボランティアガイドと落ち合って真鶴半島を巡り歩いたが、
頼朝はここ真鶴岬から土肥実平の手引きで
たった主従七騎で安房の国へ逃げのびたそうだ。
徒歩の老兵は足を引きずり磯料理屋へ雪崩込んだら
とうに3時は過ぎていたがどうにか息を吹き返すことが出来た。
大森康晴・岡部敬・幸福紀生・藤村紀明・三沢隆久・依田隆夫・
田中収三(文責)の七人の侍でした。
[PR]
by shuzot16 | 2012-03-23 18:28