やはり走るように書きたい。
by shuzot16
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 04月
2014年 02月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ちょー気持ちいい!!
from 御座候
40のおっさんでも楽勝す..
from 擬似連
ベリーストッキング!!!!!
from タカ
ジャンケンぽい!
from ビーム
ちょおぉぉぉぉwwww
from 聖なる毛
今JFAのみんなとココで..
from 麻衣子
JKのぶっ飛び体験記
from JK
いやはや、本当に俺は素晴..
from ネ申
フェ○○オしたーーーい!!
from MIー子
ゆるりとオナるがよい。
from 野武士
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2010年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

橋の下の10人の仲間たち

昨日の夕暮れどきいつものように鶴見川堤を散策していたら、
突如夕立に襲われて橋の下に駆込んだ。
自転車の人あり犬の散歩途中の人ありと10人くらいが
降込む雨が上がるのをじっと1時間待った。
夏を惜しむ恵みの雨くらいに思っていたが靴はびしょびしょ、
あたりは暗くなって夏山遭難みたいと思ってしまった。
ようやく小降りになってそれぞれが家路についたが、
もう仲間意識が芽生えてみんなに手を振って別れを惜しんだ。
今朝そこを歩いてみたら路は洗い流されてきれいに磨かれ、
高校のグランドもならされたように平らになっていた。

   夏惜しむ突如の夕立橋の下
[PR]
by shuzot16 | 2010-09-15 10:28

昨日はパトカーが来て救急車に乗った。

いつもの通り夕方自転車で鶴見川に出かけ堤を散策した。
ふたたび自転車に乗って帰り道、歩行者と接触転倒してしまった。
突然歩行者が飛び出した事故で言い争いになった。
相手が警察を呼ぼうかと言うのでうなづいたらバイクとパトカーで
6人のお巡りさんがやって来た。
少年補導員をしてるので友だちみたいなお巡りさんたちだが、
歩行者は弱者でどんな理由であれ自転車には分が悪いと言う。
私は三箇所の擦過傷で血がにじんでいて頭も打っている。
お巡りさんが救急車を呼ぼうかと言うのでまたうんと言ってしまった。
救急車に乗りこんだらこれから労災病院に行くと言われたが、
どうもその支払い処理は私の自動車保険によるらしい。
待てよということであわてて救急車から降りて、
あとは示談にするからと言ってお巡りさんにも
救急車にもお引取りを願った。
迎えに来た家内の車に乗ってあわれなご帰還となってしまったが、
家でたんねんに消毒してやおらビールを飲もうかとしたら、
今度は烈火のごとく家内にどやしつけられた。
[PR]
by shuzot16 | 2010-09-07 13:48

鰯雲深紅に燃えし法師蝉 (収三)

恒例になった夕方の鶴見川堤の散策で
見上げると空はすっかり秋の様相。
鰯雲がいちめんに広がり、
鰯のうろこがすれあうように風が鳴っている。
中間点に息子が卒業した高校がある。
夏休み中は閑散として人影もなかったが、
九月になると校庭は野球の掛け声・ノックの音、
遠くからラッパの音と急ににぎやかになる。
    「学校は急に人声九月かな」
帰り路は新横浜のビル街が夕日を照り返している。
その中でもひとつのビルがひときわ燃えたぎっている。
    「西日うけビルは火の海溶鉱炉」
ワールドカップ大橋にたたずむと鰯雲が色づいてきた。
日産スタジアム、遠くに富士山を従えて
大夕焼けのフィナーレが近づいてきた。
    「鰯雲深紅に燃えし法師蝉」
    
[PR]
by shuzot16 | 2010-09-04 08:55