やはり走るように書きたい。
by shuzot16
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 04月
2014年 02月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ちょー気持ちいい!!
from 御座候
40のおっさんでも楽勝す..
from 擬似連
ベリーストッキング!!!!!
from タカ
ジャンケンぽい!
from ビーム
ちょおぉぉぉぉwwww
from 聖なる毛
今JFAのみんなとココで..
from 麻衣子
JKのぶっ飛び体験記
from JK
いやはや、本当に俺は素晴..
from ネ申
フェ○○オしたーーーい!!
from MIー子
ゆるりとオナるがよい。
from 野武士
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2009年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

三浦マラソンの前日オバマから三崎港まで。

明日の三浦マラソンは定員いっぱいでエントリー出来なかったが、
その分今日はマラソンコースの復路を小浜(オバマ)から
磯伝いに延々と歩いた。
途中剣崎灯台を仰ぎ見たり、弥生時代の住居跡の洞窟をを眺めたり、
盗っ人が追い詰められたという「盗人狩」絶壁になっとくしたりで、
富士山爆発と関東大地震の影響もあるのかなと考えつつ
変化に富んだ海岸線を楽しんだ。
彼方には房総半島がかすんで見えたが、
この浦賀水道を父は商船学校時代泳ぎ切ったことを突然思い出した。
当然のことながら締めは三崎港前のすし屋となった。
[PR]
by shuzot16 | 2009-02-28 23:05

家族にも義理があるらしバレンタイン (収三)

バレンタインデーは明日だが今日心温まる小文を読んだ。
その昔結婚記念日を前に愛し合っている貧しい夫婦がいたそうだ。
まだ腕時計が普及する前で夫は懐中時計を持っていたが、
鎖が買えなくて背広のボタンに紐で留めて内ポケットに入れていた。
妻はびっくりするような贈物をしようと考えあぐねたすえ、
自分の長い豊かな髪を売って金の鎖を買った。
さて結婚記念日の当日、
短くなった髪をスカーフにくるんで鎖の入った小箱を出すと、
夫も同じような小さな箱をさし出した。
開けてみると長い髪にしか飾りようのない髪飾りだった。
夫は愛する妻のために自分の時計を売って買ってきたのだった。

これはO・ヘンリーの短編を引用した池澤夏樹氏のエッセイである。
伝えにくい気持ちを伝えるのが贈物だとしたら、
義理チョコでもいいではないかは池澤氏の受け売りである。
[PR]
by shuzot16 | 2009-02-13 17:33