やはり走るように書きたい。
by shuzot16
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 04月
2014年 02月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
お気に入りブログ
最新のコメント
Your website..
by StevveE at 17:07
Hello!
by http://nag at 20:33
казино луксо..
by azart39 at 02:51
Good site,
by cialis_information at 22:23
игровые авто..
by poker91 at 11:36
Grab another..
by MiquelX at 04:42
игровые авто..
by poker14 at 17:44
интернет каз..
by casino62 at 20:14
Very nice,
by http://www at 22:34
Welcome!
by http://www at 20:01
最新のトラックバック
ちょー気持ちいい!!
from 御座候
40のおっさんでも楽勝す..
from 擬似連
ベリーストッキング!!!!!
from タカ
ジャンケンぽい!
from ビーム
ちょおぉぉぉぉwwww
from 聖なる毛
今JFAのみんなとココで..
from 麻衣子
JKのぶっ飛び体験記
from JK
いやはや、本当に俺は素晴..
from ネ申
フェ○○オしたーーーい!!
from MIー子
ゆるりとオナるがよい。
from 野武士
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:未分類( 321 )

今や俳句が私の生活

 会社を辞めて10年はマラソンを十二分に堪能したと思っている。
マラソンとはフルマラソンと思って、観光をかねて世界を走り回ったつもりだ。
それが過剰だったのか膝を痛めてしまって2度も手術する羽目になった。

 私の人生サイクルは10年刻みと思っていたがそこに俳句が登場した。
俳句を始めたころある俳句の先輩が毎日四六時中俳句のことを考えている
と言われたが、その頃は信じられなかったが今や私もそんな心境だ。

 参加している句会が月3~4回になってしまい気を緩めっるひまはない。
女房は遅く帰ってきてもまずパソコンに向かうのが習慣だ。
娘のさやかは買物も息子の野球の応援もまずジョギングで行くことを考える。
生活の芯になるものがそこにあるからそうなるのであろう。

 これで俳句の腕も上がっていれば万々歳であるがそうそう甘いものでない。
来月には奈良吟行が予定されてされていて今から緊張してしまうが、
ここで楽しむという姿勢が加味されればいいがなかなか難しいものである。
今日東京の桜の開花宣言があった。

初花やこっそり春を告げにけり(収三)
[PR]
by shuzot16 | 2017-03-21 20:27

菜の花にレタス生ハム妻の留守(収三)

 前川君が主宰する料理教室も今回の3月10日で69回目を迎えた。
ひな祭りの終わったあとの穴子の散らし寿司が目玉であったが、
私は6種のレシピの中から迷わず菜の花と新玉ねぎと生ハムの
和風ドレッシングのサラダを選んだ。
春の香りたっぷりで柚子ポン酢とサラダ油のドレッシングが美味しかった。
 
 当日はレタスの代わりに水菜になったが俳句では当初のレタスにした。
このところ二木会の会員の奥様や未亡人の参加が多く華やかになった。
今回の私のパートナーも故神田君の奥様でさすがに手際が良かった。
神田君と二木会の幹事をやっている頃は打合せで神田宅をよく訪ねたが
美味しい料理をご馳走になったことが思い出された。
[PR]
by shuzot16 | 2017-03-19 17:40

東京マラソン浮立つ春の黒豹か(収三)

 今日は11回目の東京マラソンの応援に出かけた。
寒からず暑からず、風もほとんどなくランナーにはほんのちょっと暑いくらいの
絶好のコンディション。
日比谷公園前の残り2kの応援ポイントを仲間が次々に通過して行く。
11年前に走った東京マラソンのシーンが次々に思い出されて来る。

 あの時は氷雨降るなか女医さんのドクターストップを振切って強行参加。
品川の折返し地点では孫の千晴が黄色い合羽を着て応援してくれた。
まだ幼稚園のころで雨に煙る黄色い姿がしばらく目に焼き付いていた。
家に帰ってビデオを見ているとスターターも優勝者の表彰も今日は
小池百合子知事。
あの時のスターターが石原知事だったころとは大違いだ。

 10年前の2回目の東京マラソンでは膝がパンク寸前で、ゴールするのが
やっとの思いだった。それから2回も膝の手術をすることになってしまったが、
あれが私のマラソン人生の終わりだったのかもしれない。

 今回の東京マラソンはコースを一新して江戸情緒の残る下町が中心だ。
丸の内を抜けて東京駅から皇居を目の前にした行幸通りのゴールは
外国からのランナーにも気持よく伝わったことだろう。
今日の春を思わせる心地よい陽気と相まって、マラソンの楽しさと
東京の美しい景観が心浮立たせるものがあった。
高速レースにコースを塗りかえた影のマラソンディレクターは一体
誰なんだろうか。

 



 
[PR]
by shuzot16 | 2017-02-26 21:14

沢木耕太郎の春に散る

一昨年昨年と朝日新聞に連載されていた「春に散る」が単行本になって
あらためて読み直した。
新聞では走り読みであったが、腰を据えて一字一句じっくりと読むと  
さすがに沢木耕太郎、味わい深いものがあった。
ボクシングの世界チャンピオンになりそこなった老年に差し掛かった
4人の男が、40年ぶりに再会して若いボクサーを発掘して
もう一度世界に挑戦するという筋書きだ。
沢木耕太郎のデビュー作がカシアス内藤をモデルにしたノンフィクション
小説であったし、得意のボクシング物だ。
ラスベガスで話題の試合があると度々観戦していて,沢木耕太郎は
なかなかのボクシング通。
試合の描写が実にスリリングで登場人物の世界も限りなく広い。
これはすぐにでも映画化されることは間違いないと思った。

PS:上下2巻の春に散るを読んで二日が過ぎたがまだ小説のシーンが
頭に浮かんでくる。
4人の老年の元ボクサーが新人のチャンピオンを育てるというのは、
沢木耕太郎がいだくボクシングの桃源郷をではないかと思われてきた。
[PR]
by shuzot16 | 2017-02-11 16:28

寒天に風穴あけしスカイツリー(収三)

昨日は里の会ことし第1回の企画で25人が下町を歩いた。
2回も下見をしている幹事の藤村君が奥様の緊急入院で、
代わりに長谷部君が幹事を引き受けてくれてまことにありがたかった。
京都からは村形さんが昨年の湾岸歩きに続いての参加であった。

目玉のスカイツリーの下にお勤めの会社があった長谷部君の手配で、
団体専用のエレベーターに乗込みすいっと350mの展望台へ。
今日のために雲ひとつない好天で西の彼方に富士山がばっちり。
その右手には雪をいただく南アルプス、反対側には筑波山が指呼の間だ。

眼下には丸の内、虎ノ門、新宿の高層のビル群が塊となって連なる。
スカイツリーの影が隅田川をまたいでながながとつづく。
ガラス張りの床からの下界のぞきではさすがに背中がぞくぞくしてきた。

運河を埋め立てた横川親水公園を歩いて、すみだ北斎美術館へ。
特別展開催のはざまで、あっさりと鑑賞をすませて最後の江戸東京博物館へ。
ここも特別展のはざまで見慣れた展示であったが、
幸福君の手配でボランティアガイドを依頼、ふだん見落としていた江戸文化を
細部まで垣間見ることができた。
今日の幸福君のいで立ちはソフト帽をさらりと被り、衣装もあくまでも
渋くまとめてまるで江戸の町を闊歩する棟梁の印象であった。

ちゃんこ鍋の花の舞では慌ただしい2時間であったが、修学旅行の団体も
来るようなガード下の庶民的な店であった。
稀勢の里フィーバーで盛り上がった両国の町は、遠足や見学の若い人たちで
あふれ初場所のあとも賑やかであった。
つくづくと江戸以来の東京下町の懐の深さを感じた一日であった。
[PR]
by shuzot16 | 2017-02-03 08:11

初暦びりっと捲り稀勢の里(収三)

昨日明治神宮での稀勢の里の奉納土俵入りを見に行ったが
1時間以上待ったすえ、人ごみの中前の人が掲げるIpadの画面で
ささやかに横綱の姿を確認するだけで終わってしまった。
タイトルの俳句は正月に作ったものであるが見事に夢が実現した。

先々週は初場所中の国技館前で櫓太鼓が響く中、何人もの力士が次々と
現れるのを目にすることができた。
幟がへんぽんとたなびき、力士の姿は不思議と男の色気のあるものだった。
去年の12月は娘のさやかにちゃんこ鍋をごちそうになり、
来週は二木会のウオーキングでスカイツリーから両国の街を
ふたたび歩くことになっている。
このところ何かと両国と相撲に縁が深くなっている。

初場所や両国界隈砂被り(収三)

最近外人の相撲ファンがとみに増えているが相撲に特化した
和英辞書があるのだろうか。
例えば稀勢の里所属の田子の浦部屋の「部屋」、
まさかルームではあるまいし、力士は相撲レスラーだろうか?
2月2日の両国歩きでは外人用のガイドブックを探してみよう。
[PR]
by shuzot16 | 2017-01-28 08:24

わが母校がスタートゴール

今日の2.5kのミニランは目黒区主催の第1回目の企画であった。
なんとスタートとゴールが出身校の中目黒小学校、
12歳の時卒業して以来だからあれから70年以上たったことになる。
狭いと思っていた校庭が孫たちが通っていた
横浜の小学校より広いのにはびっくり。
今やすっかり都心になってしまった中目黒界隈は都内でも一等地。
都電の終点であった中目黒から神保町あたりまで出かけて
古本をあさっていたのが遠い昔の話になってしまった。
ミニマラソンは駒沢通りを駆け上がって祐天寺・守屋図書館を横目に
ゆったりとしたレースであった。
なんと言っても自宅から会場まで30分で着くのだから、
遠路はるばる参加する今のマラソンブームとは一線を画するものであった。
都内でこんな優雅な草レースはめったにないことであろう。
[PR]
by shuzot16 | 2016-11-27 16:00

横浜つながりの森歩き

 梅雨のさなか少々の雨は覚悟の里の会であったが、金沢文庫駅駅を出発する
ころは太陽も顔を出す蒸し暑い日和となった。
東横線の事故遅延で藤村君が参加できなかったのは残念至極であったが、
石川さんは機転を利かせて定刻の5分遅れで到着した。

 今回のコースは横浜南部の最高峰大丸山を抱く、南北3k・東西3kの
ところに三角形を描いてその2辺を歩こうという計画である。
水2本と弁当持参を確認して能見台緑地に向かった。
能見堂があった跡地に差しかかると左手に住宅地、右手に高層マンションが
見え隠れする帯のような能見堂緑地の六国峠ハイキングコースである。

 間もなく車の音が遠くから聞こえてきたが横浜横須賀道路の近くである。
車で走ったことのある人ならご存知であろうが、朝比奈峠の手前のうっそうと
した森が続くとところが見えるがこれからそこを歩くのである。

 風が抜ける頃合のこがね台広場で昼食と相成ったが、旅行通の今尾君が
すかさずこの広場にちなんで貴金属の話を始めた。
近々あるイギリスの国民投票でEC離脱が決まるとポンドが下落して金も
追随するので、小金がある人は気を付けたほうがいいというありがたい
話をたまわった。

 釡利谷市民の森を過ぎると今日の目玉の金沢自然公園だ。しだの谷の木道を
歩くとそこはひっそりとした映画ブルーハワイの世界。
日の光もさえぎられて汗も引くひんやりとした心地だ。静寂のようせいの池を
過ぎると一転してギラギラとした太陽が照りつけた。
金沢動物園前の森閑とした駐車場だ。なんだ今日は定休日かとなかば納得
して正門横のトイレでくつろぐとアフリカ事情に詳しい平田君がトイレ蘊蓄を
披歴して、戦後の和式トイレの話では大いに盛り上がった。

 横横道路の下をくぐると今日の最大の難所大丸山のアプローチだ。
高々157mの大丸山を馬鹿にしてはいけない。おそらく標高差100m
ちょっとだろうがゼイゼイとした吐く息と玉の汗の階段が続いた。
ようやく頂上からは横須賀方面の眺めであったが地元の上床君の家は
確認できなった。

 今日の折り返し地点自然観察センターに着いた。ここで冷えた水をふるまう
予定であったが、三澤君がじくじくと言っていた通り休日のあとの月曜日で
休みであった。自然観察で来た小学生のグループは特別扱いで出入り自由、
われわれは生ぬるい水道水で我慢した。

 いざ港南台駅を目指すかと立ち上がったら準地元のもと湘南ボーイの
幸福君が、このまま天園はすぐそこだから鎌倉を目指した方がいいと
言い出した。
ここは2度も歩いている幹事としては譲れない一線、ここからは尾根歩きで楽な
道だと説得して、ひたすら東へむかうことにしていっしんどう広場を目指した。

 3時半いよいよ山を下りて港南台駅へは汗のじっとりにじむ敗残兵のような
足取りであったが、ここでもまた喧々諤々。
手近な店に入りたがるみんなをなだめてさすが井桁先生、港南台駅前の
ファミリーレストランCOCOを見つけて打ち上げとなった。
(文責・田中収三)
 

 
 
[PR]
by shuzot16 | 2016-06-22 18:40

新緑のもと4連チャン

久々に4日連続の外出がつづいた。まず14日は遊牧の鎌倉の吟行だった。
午前中鎌倉の材木座海岸を歩いた。波打ち際のひろさにびっくり。
砂浜で正座して化粧をする若き乙女のサーファー。
はるか遠くには点々としたサーファーがオットセイの群れに見えてきた。

●点々と遥かサーファーおっとせい

句会の会場に向かう途中で珍しい看板に出っくわした。
ステイハウスのスローガンらしいが亀時間という表現に惹かれた。

●春雨や濡れて行こうか亀時間

15日は駿河湾まで遠出の旧東海道を歩く二歩会のウオーキングだ。
圧巻は由比海岸をサッタ峠から眺めた天と地の景色だ。
眼前には圧倒的な迫力で富士山が迫り、
はるかかなたに太平洋にかすむ伊豆半島を従えている。
眼下には現在日本経済の縮図とも言える由比海岸は、東名・新幹線・
東海道在来線・国道1号線が駿河湾の隘路にひしめき絡み合っていた。

16日は毎朝のラジオ体操の仲間に誘われて、
港南台駅から北鎌倉駅までの横浜アルプス縦走で15k歩いた。
これをもとに6月に予定のニッ歩会の里の会を計画しようと思っている。

そして昨日17日は恒例になっている相模原デポでのマラソン大会だ。
最近はささやかに5kになってしまったが、10分遅れでスタートした10k部門の
娘のさやかにそうそうに追い越されてしまった。
部門別4位だったそうだが久々に家族で走って爽快であった。
[PR]
by shuzot16 | 2016-04-18 20:44

旧東海道を歩いた16名の大名行列

三島駅で新幹線こだまから在来線に乗り換えて新蒲原に向かう車中、
岡部君の携帯が鳴った。
石川さんと上床君がひかりに乗り間違って静岡に行ってしまったそうだ。
さいわいひと駅先の蒲原について戻ってくるお二人に会うことが出来た。
稲田幹事長も出発間際の小田急線事故の遅れを回復すべく先回りして、
旧東海道の道中で間もなくお会いすることが出来た。

ぞろぞろと初老の16人が歩く姿は街道筋の人にはどう見えただろうか。
どうしても列が長くなってしまい幹事の三澤君は初めからやきもきしていた。
蒲原宿本陣跡を後にしてふたつ目の由比宿本陣跡に到着。
現在ここは静岡市だそうだが広重美術館や公園とさすがによく手入れされている。

目利きの三澤幹事が街道筋の神沢川酒造で由比正雪由来の清酒を購入。
これを由比漁港直前の路地で立ち飲み、乾いた空気に「正雪」の味も抜群。
いよいよ居並ぶ漁船を眺めながら水揚げされたばかりの桜えびの掻揚げ丼だ。
駿河湾の深海の旬の味をゆっくりと味わった。

●枇杷の道サッタ峠や袋掛け

いよいよ本日のハイライト、駿河湾の山と海が迫る隘路サッタ峠に差し掛かった。
眼下には日本の大動脈、東名高速・新幹線・東海道在来線・国道1号線と
わずか100mのところにぎっしりと絡み合っている。
枇杷畑がつづく旧街道からは見慣れた姿とは違う富士山がそびえ立ち、
はるかに伊豆半島を従えて太平洋に消えていた。

サッタ峠を下り終えるとだらだらとした興津駅までの道を脚をひきずって歩いた。
三島駅に戻った16人は三澤幹事が急ぐ鰻屋にはぐれないように必死に従った。
さすがに三島の鰻屋「桜家」は安政3年創業の老舗中の老舗だそうだ、
3階の大広間に案内された我々はちと高めのうな重にありついた。
二木会には舌が肥えた鰻好きが多くおかげでいくら食べても飽きない鰻にありつける。
相伴にあずかった清酒「越乃景虎」がこれまた辛口で絶品であった。

ありがとう三澤隆久幹事!!!
[PR]
by shuzot16 | 2016-04-17 17:50